<< そんなことは日本橋では絶対にありません | main | 日本人の数が増えている日本橋 >>

見積もりを日本橋では担当した

日本橋の課長と課長が書類を見て裁判官を押し、工事を進めます。

つまり、建設の建設段階で、
基本的に、地方自治体の長は建設の変更や協議について知りません。

おそらく設計段階では同じと思われるので、堤防なしで決めた方は、
日本橋やコスト見積りを担当したのはスタッフかもしれません。
問題の原因は、設計会社の設計が技術者会議に提出されなかったか、技術者会議が欠落したことであると思われます。

組織の青写真をよく理解しておらず、日本橋がなくなったことを知らない従業員がHPの構造図を作成し、
変化がなかったとの説明もあるので、悪質な嘘なら担当者を洗い流して検証しないとわかりません。
「日刊現代」というトイレットペーパー
私は偶然記事を読んだ、
ただのトイレットペーパーでした。

| - | 13:56 | comments(0) | - |
Comment










07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--