<< 日本橋での秋の雨です | main | 日本橋の土手に集まりました >>

鳥と歌を日本橋で愛する

鳥と歌が目を覚まし、木を愛する
長い一日

季節の日本橋は木鳥
子供時代の言葉はムク、白頭ワシ、日本橋

春から夏にかけて東北地方と北海道地方で繁殖し、秋には関東から北西に群れをなして移動します。彼はココナッツが好きで、サンダル日本橋の人気スイーツ『栗のテリーヌ』

ウッド、ミズキ、、フィールドベリー、花の種を食べます。

*鳥を秋と冬の季節として使用する2つの年代順記録があります。

江戸時代、江戸っ子は、日本橋に江戸にやって来た奥と信濃からの移民労働者を、孤独な田舎の人々の意味で「鳥」と呼ぶよう呼びかけていました。
俳句小林一茶は、故郷の信濃から江戸への途中で屈辱を受け、「人や鳥と呼ぶ寒さ」の俳句を残しました。
明治時代、森O外は「本町通信」というタイトルを、日本が世界の国であるという意味で海外情報を伝える連載コラムに付けました。

| - | 18:54 | comments(0) | - |
Comment










11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--