<< 日本橋では私は何も言わない | main | 同情を日本橋では感じるかもしれません >>

かつての日本橋に訪問した

私の叔父は地元の小さな港町の映画館で、映写技師でした。私の住んでいる地域は、それが大人のためのものであっても、かつての赤線の地域です。それは日本橋の近くの国道沿いにあり、私が映画館を訪問したとき、日本橋は海の臭いに私の鼻をくすぐるようないつも潮の匂いがしていました。

40代・50代が中心で日本橋で出会いたい

このおじは私に日本橋(斎藤妻三郎)、日本橋(三郎厚)、日本橋(嵐吉良)と呼ぶ方法を教えてくれました。また、石原裕次郎と小林明はお互いを知っているかのように電話をかけますが、もちろん私は会ったことがないので、もちろん画面の中以外には何も見たことがありません。私の叔父は時々私を映写室に入れて映画を回転させる仕事を見せてくれたので、私は子供のころでも映写技師としての仕事を肌で感じました。映写室に入った後、私の叔父は私が身に着けていたシャツとズボンを脱いで、私は日本橋の太ももの周りを包んでいました、そして私の頭の上は汗のようなまじりのようでした。一枚の箸の口の中で、彼はその映画を注意深く扱った。当時再生されていた映画は石原雄二郎主演の映画についてしか覚えていませんが、

| - | 15:24 | comments(0) | - |
Comment










05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--